いちご社長公式ブログ
思うこと

あなたを生きる~嫌われる勇気

今日は癒し系でいきます!いちご社長です

この記事では,「仕事嫌だなぁ…」と思っているあなたの気持ちを少しラクにする話をご紹介します

いわゆるサラリーマンの方あるあるですが,明日から仕事だと思うと憂鬱になったり,この生活が○○年続くのかと思うと気が重くなりますね

その悩みをこの記事で少しだけ解消させてください

この記事を読めば,仕事に対して持つネガティブな感情を少なくしたり,またはあなたの人生を大きく変えることができるかもしれません

仕事=生きるため,承認欲求のため

生きるため

今、あなたはやりたくないことをしていませんか?

今、あなたは会いたくない人と会っていませんか?

ズバリ言います

今、あなたがしていることは全て誰かの呪いです

今、あなたがしている仕事は本当にしたかったことですか?

「そうではない」と答えた方はなぜ、その仕事を今してるか考えてみてください

大体の方はこう答えるでしょう

「生活のため」

承認欲求を満たすため

確かに仕事はお金を稼ぐための手段です

が、それ以上にその人の生き甲斐だったりします

定年退職した旦那さんが急死したなんて話はよく聞きます

「家族のために働いてるんだ!!」

という勤め人の方はたくさんいると思います

でも、もし明日から

「働かなくてもいいですよ」

「家族はこちらが養います」

「毎日仕事をしないで過ごしてね!」

なんて言われてしまったら

初めはもちろん嬉しいかもしれませんが,少し経つと不安になったり
自分がこの世にいる意味だったり,そんなことを考えはじめたりすると思います

これは一年半ゲームだけして生活していた事がある私が思ったことです

仕事とは

誰かのためになるという承認欲求を満たせる場

なのです

 

あの人はなんであんなにも仕事ばっかりしているのだろう?と思うくらい,仕事しかしてない人がいます

理由を聞くと

「今まで仕事以外してこなかったから」

「仕事以外やることがないから」

「仕事が楽しいから」

なんて答えます

 

普通の勤め人の多くの方は

「次の休み早くこないかな?」

なんてことを考えてるよということを聞いたことがあります

この差はなんなのだろうか?と考えてみたら

承認欲求の差

ではないのかな?とたどり着きました

経営者と従業員の差

経営者は

やったらやった分だけ跳ね返ってきます

勤め人の多くは

やったらやった分だけの見返りがありません

また、新しくはじめたい仕事も,上司の兼ね合いや会社の都合ですぐにはじめることはできません

「これ、やりたい!」

「お客様のためになるんだ!!」

そんな企画でもすぐには通りません

 

「風紀やルールを守れ!!」

と,厳しい決めつけの中やれることは限られます

 

一方でヘタを打っても会社や上司に守ってもらえます

 

経営者は全てが自己責任です

ヘタを打てば自分で責任を取りますし,部下がヘタを打っても責任を取ります

代わりに,やりたいことがあれば明日にでもはじめることができます

また,それがお客様に喜んでもらえるサービスであれば,瞬く間にみんなから感謝の言葉とお金がもらえます

人に喜ばれ感謝され周りからすごい人だと認められます

これが経営者の大きな利点であり,勤め人との大きな差だと思います

 

殆どの会社では,部下が立てた素晴らしい功績は社長のものになります

 

「日本で二番目に大きい山は知っていますか?」

ぼくはこの話を何度も聞いているのに答えられません

 

「日本で一番大きな山は知っていますか?」

答えられない日本人はいないですよね

会社もそれと同じです

 

会社内で表彰されることはあっても

会社内での地位はあがることがあっても

給与が幾ばくかあがることはあっても

その功績の多く…富や名誉は社長のものです

テレビや講演会に呼ばれるのも,結果を出した社員ではなく社長ですよね

納得いかないと思う方は多いとは思いますが,社長はリスクを先にとっているので先行者利益のようなものです

仕方がないのです

お金のためにストレスを溜めるの?

話は戻ります

生活のためにお金を稼ぐ仕事はもうやめにしませんか?

生活していく上でお金は必要です

ですが、そんなに多くのお金が必要ですか?

 

家賃を下げれば…ょっと贅沢しているあのことをやめれば

そんなに多くのお金は必要ないのではないのでしょうか?

ちょっとした贅沢。そのためにその苦しい環境をあなたはいつまで続けるのでしょうか?

立派な会社に就職しなきゃいけない

会社に勤めたらルールに徹しなきゃいけない

自分より低脳で嫌いなあの上司にごまを擦らなきゃいけない

それらは全て

先人があなたを利用するために作ったルール、呪い

です

そんなことを気にして辛い,辛いと生き続けるよりも

誰かの特別になるためにする努力

お客様に徹底的に喜んでもらえる努力

それを突き詰める方が,ずっとずっと素敵なのではないでしょうか?

 

冒頭にある

人から嫌われたくないという感情

が,あなたの人生を悲しみで満ちたものにしています

 

あなたはあなたでしかありません

世間が決めたルール

会社が決めたルール

家族や恋人が決めたルール

そういった呪いから解放されない限り

あなたは

周りが勝手に決めつけたあなたというレッテル…呪い

があなたを拘束し続けます

いつまでいい人ぶっているつもりですか?

他人のご機嫌を伺いながら自分にストレスを溜め続け,他人に嫌われない自分を装い続ける意味はあるのでしょうか?

相手が社長だからと媚びへつらう必要性はどこにありますか?

それがあなたを雇用している社長なら,百歩譲ってあなたの生活を守ってくれる存在なのでわかります

ですが,あなたを雇用していない社長は,あなたの人生においてストレスを溜めてまで付き合う必要性はあるのでしょうか?

社長もあなたと同じ1人の人間

いちご”社長”と名乗っている私ですが,今は雇用者0の社長です

一昔前は下部組織…大半がパート・アルバイトではあるものの,300名を雇用していました

今は0名です

それでも社長と名乗っています

 

社長って実はえらくない!世の中はそんなものなのです

あなたが今,とりたくもない機嫌をとっている相手も

フタを開ければ,たかが一人の人間です

 

どれだけ立派な役職がついていようが

どれだけの収入があろうが

老いはくるし,ナイフで刺されれば赤い血が流れます

あなたが目の前で「生活のため」と機嫌をとっている相手は

あなたと何一つ変わらないただ一人の人間です

 

オーラが違う

佇まいが違う

存在感がある

というのは,あなたやあなたの周りが勝手にその人に抱いた感情です

 

「あの人は私と世界が違う人間だ」

誰が決めたのでしょうか?

他でもない、あなたです

そろそろそんな呪縛からは解放されませんか?

 

人から嫌われる勇気

自分という人生を素直に生きること

一歩踏み出してみてください

ABOUT ME
いちご社長
いちご社長です♪ ビジネスに関するお話などを記事にしています